日々好日 goodday everyday

自然を楽しむ、手間を楽しむ、 不便を楽しむ。

焚き火への未練

小さいながらもマイホームを建てて数年が経ちました。家を建てる際の土地選び、色々悩みました。私の理想はお隣さんとは数十メートル離れているような少し郊外の広めの土地。

家で子供がバタバタしても大声で叫んでも大丈夫、庭で焚き火したりピザ窯なんかも作っちゃったりしてそんな暮らしに憧れていました。

 しかし、当然ながら家は私だけが満足してもダメなわけで、むしろ家内が満足する環境が最重要って事でガッツリ住宅街のお隣との距離数メートル余りの土地に城を構えたわけです。

 幸いにも売れ残りの土地だったので広めの土地を割安で購入出来たので小さい庭のスペースも確保出来ました。

 薪ストーブを備えている住宅もチラホラあるので私もその方向で頑張っても良かったのですが薪ストーブの維持費が中々大変との情報から早期に導入を諦めた経緯があります。

 家を建てて数年、庭いじりやミニ家庭菜園を楽しむ中で焚き火への気持ちも薄れていた時、ロケットストーブなる物の存在を知る。

 特徴

①作り方は簡単

②燃料は小枝でOK

③煙さえも高温で焼き尽くす

 

そんな夢の様なアイテムがあるとは!!

 後々書きますが

当然①は人それぞれのDIYスキルによります。②は確かにその通りです。小指程度の太さ以外枝がベストだと思います。量が必要ですが。

③は着火の際にやはり煙は出ます。

ただ燃焼を上手くすれば途中から終わりまではかなり煙を抑えられます。

 

詳しい作り方や燃焼方法は次回に。